泥のように粘り続けるか、水の泡となって消えて行くのか。
どちらを選択しようとも、周りがとやかく言うことではない。
最良の選択なんて、時と場合によっていくらでも変わる。
時には、泥が聖水を浄化することだって、あるだろう。