いつからか、漫画を内容の面白さで買わなくなってしまった。
作者の人柄に惚れ込んだら、その人の作品を買うようになった。
もはや私にとって、漫画とは娯楽品ではないのだろう。
好きな人を応援する為の、支援品のような扱いになっているのだ。