ほんの一ヶ月足らずの間だった。
その間に、僕らは何度も死線を潜り抜けた。
時間の長さなんて関係ない。
紛れもなく僕たちは、戦友にして親友だったのだ。