私は、全ての人間が主役だと常に思っている。
だからこそ、全員の見せ場を平等に作らなければならない。
それができて初めて私は、自分が演出家を名乗れると思っている。
もちろん、私自身の活躍も忘れない。