私はもう、昔のように、正常な自分に戻ることはできないのだろう。
おかしくなっているという自覚は、まだある。
でもその内に、自覚すらできなくなってしまうだろう。
その時、本当に私は、私という自我を失ってしまうに違いない。