今やれる中で最善を尽くす。
常にそう思って、目の前の事態に取り組んで来た。
だが、果たしてそれは最善だったのかと、時々思い返す。
もしかしたらその最善は、見えない妥協だったのかもしれないと。