それは、過去と現在、そして未来をつなぐ運命の輪。
人の人生、果ては命すらも左右する、操り糸。
それを握るということは、運命を握るということ。
この先の道も、命も、左右するのは自分次第だ。