婚姻率の激減などによって、少子化が加速度的に進んでいた。
そんな中、多くの男性と交わって、積極的に子孫を残す女性もいる。
いつしか彼女たちは女帝と呼ばれ、崇められる存在となっていた。
もはや彼女たちの存在なくして、この国の未来はない。