死神の鎌は、どんなものでも一振りで刈り取ることができる。
そんな死神が、僕の目の前に現れて、鎌を振り上げた。
でも気まぐれな死神は、僕の中にある、弱い僕を刈り取っただけだった。
弱い奴を刈っても面白くないから、僕が強くなったらまた刈りに来るそうだ。