私は、この世の存在し得る限りの全てを持っている。
私が持っていないものは、すなわちこの世に存在しないものだ。
だが、私自身も確認はできないが、例外はあるかもしれない。
もしも世界が、この世だけで構成されているわけでないのなら、あるいは。