僕はどうしても仲間に入れてもらいたくて、必死だった。
でも他のみんなも、表に出さないだけで、仲間にはなりたかったに違いない。
あのチームの一員という肩書きは、絶大な力を持っている。
社会的な信用も、地位も金も、欲しいものはたいがい手に入るのだ。