僕は、一流の行き着く先はみんな同じだと思っていた。
しかしたくさんの一流の人にインタビューをして、考えを改めた。
真に一流と呼ばれるような人は、みんな自分流の方法論を持っている。
たぶん一流というのは、自分流を極めた人のことなのだろう。