ある人物を退治するように依頼された。
しかし真正面からぶつかったのでは勝ち目がない。
だから僕は、酒を飲ませて酔いつぶれたところを退治する作戦に出た。
相手が酔拳の使い手だと知った時、すでに僕の体は地面に倒されていた。