この家には、座敷童子がいる。
裕福に暮らせているのも、座敷童子のおかげなんだろう。
でも僕らは、もうすぐこの家を出ていかなければならない。
これからは、自分の力で幸せを手に入れていかなければならない。