彼には、あるいは彼女と言うべきかもしれないが、性別がない。
正確には、必要に応じて、男性にも女性にもなれるのだ。
全ての人にとって、理想の男性、理想の女性を、好きに演じられる。
神というのは、彼あるいは彼女のような者を言うのではないだろうか。