敵対組織を内部から潰すべく、スパイとして潜り込んだ。
しかしいつの間にか、居心地が良くなってしまっていた。
この居場所をなくすのが嫌で、私は命令を無視した。
自分自身の手で組織を乗っ取り、私は自分の居場所を守った。