僕は、世界中の誰よりも確実に全ての面で劣っている。
それでも僕は、間違いなく世界で一番強い人間だ。
一見矛盾しているように感じるけど、そんなことはない。
競技人口が一人しかいなければ、自動的に一番になるのだから。