仕方ないと腹を括っていられるのは、他人事の間だけだ。
村の娘が一人ずつ生贄になるのを、村長はぐっと堪えていた。
しかしついに自分の娘がその番になった時、彼は武器を手に立ち上がった。
もっと早くに動いてくれればという気持ちもあったが、今は彼についていこう。