桜の木の下には死体が埋まっている、という名文がある。
僕は初めて読んだ時から、あの一文に魅せられてしまった。
でも実際は、桜の木の下に死体が埋まっていることなんて、まずない。
だから僕は、あの一文を真実にするために、日々奔走している。