私は全身に、無数の武器を仕込んでいる。
正確には、身につけている全てのものが、武器になり得るというべきか。
髪の毛をまとめているヘアピンすらも、私にとっては立派な武器。
もちろん、私自身の肉体も、女の武器として利用している。