「私にとって、統計は曖昧すぎます。ゼロと百以外は意味を成しません」
僕らが確率だの何だのを口にするたびに、彼女はそうやって反論する。
彼女にとって、ゼロと百は等価ってことらしい。
百パーセント当たるってことは、ゼロパーセント当たらないってことだから。