誰かと飲みに行くと、毎回記憶が飛んでしまう。
それを自分は、つい飲み過ぎてしまうからだと思っていた。
でも、どうやら違っていたらしい。
飲み会の時は、僕の中にある酒に強い人格が、代役をやってくれていたようだ。