まるで世界中の視線が、自分に集まっているような感覚だった。
人目につく場所を歩いていると、みんなが自分を見ている気になる。
これが視線恐怖症だったら、生きるのが辛かったかもしれないけど。
幸い、私は人の視線を浴びるのが好きだったから、ちょうど良かった。