相棒が、敵側のスパイであることは分かっていた。
しかし私の何倍も有能であることも分かっている。
だから私は、ずっと気づかないフリを続けて来た。
あいつがいつ裏切っても良いように、備えだけは怠らずに。