私は、生物の持つ環境適応能力を信じていた。
だから、この死の星に根を下ろすことを決めた。
いずれこの星が、誰もが住める星であることを証明してみせる。
その第一号になる為に、私はこの命を尽くす所存だ。