線には、必ず両端がある。
一方がスタートで、一方がゴール。
線を引き始めれば、いつか必ず終わりが来る。
それを知りつつ、僕たちは引き続けなければならない。