「私の夢は、世界一のケーキ屋さんになることだったんだぁ」
「ふうん。じゃあ、一応夢は叶ったんじゃん」
「まあねえ。今ならどんなケーキを作っても、世界一になれるもんねえ」
ケーキ屋も、ケーキを食べる客も、一人もいないけど。