実戦に勝る修行はないとは、よく言ったもんだ。
都会の雑踏を離れて、猛獣たちの住む山へと移り住んだ。
いつ誰に襲われるか分からないという緊張感が、私の神経を研ぎ澄ませた。
極限まで高められた私の精神の前では、都会の喧騒など小鳥の囀りにも劣る。