「空を飛んだり、火を吹いたり、本当にやりたい放題って感じ」
「別に良いじゃない。それが夢の特権でもあるんだからさ」
そうかもしれないけれど、私は夢があまり自由過ぎるのは好きじゃない。
現実が思い通りにならな過ぎるから、そのギャップに絶望すら覚えてしまう。