誰も彼もが、有終の美を飾れるわけじゃない。
僕の引退試合だって、正直、誇れるところなど全くなかった。
肉体も精神も衰えていることが丸分かりの、情けない試合だった。
それでも僕は、次の世代にバトンを託す姿を見せなければならないのだ。