失敗をさらすことは決して恥ずべきことではない。
真に恥ずべきは、失敗をなかったことにすることだ。
失敗なくして成長などあり得ない。
失敗と向き合わないことは、成長を諦めていることなのだ。