心頭を滅却すれば火もまた何とやらということわざがある。
心の持ち方次第で、たとえ火の熱さでも涼しく感じられるという意味だ。
同じ要領で、夏の暑さも涼しく感じられるかなと思ったけれど。
やはりことわざは、良くも悪くもことわざでしかないってことのようだ。