親のしつけが厳し過ぎて、僕は何度も家を飛び出し、そのたびに捕まって折檻された。
そのおかげか、家出が成功した後は、どんな困難も辛いと思わずにやり遂げられた。
ある日、僕は両親が前から命を狙われていたことと、命を奪われたことを知らされた。
折檻の日々が、僕が一人で生きていけるように鍛える為だったことも、その時知った。