言葉よりも先にプログラムを覚えるほど、少年はコンピュータが大好きだった。
何よりも大事にし、親友のように片時もコンピュータを手放さなかった。
そんなある日、彼のお気に入りのコンピュータがウイルスに冒され、壊れてしまう。
これがきっかけで彼は世界一番のエンジニアになるのだが、それはまた、別の話。