死角を突くというのは、決して簡単なことではない。
だからこの組織では、死角を突く技量を認定する資格が存在する。
認定レベルが高いほど、難しいターゲットを任せてもらえる。
私も一流の刺客になるため、現在認定試験に挑んでいる最中だ。