人の住める惑星を探し始めてもう数十年が経つが、未だに一つも見つからない。
ずいぶんとさまよい続けたせいで、もはや今自分がどこにいるのかも分からない。
しかし途方に暮れていたそのとき、ついにコンピュータが、ある惑星を捉えた。
その星が母性である地球だったと気づいたのは、しばらく経ってからだった。