何度やってもしっくり来ないなら、そこに正解はないのだろう。
小手先の試行錯誤を繰り返しても、正解には辿り着けない。
全く別の、新しい発想が必要だ。
彼はそれに気づけずに、今も虚しいアプローチを続けている。