誰かの責任を一緒に背負うのは、私にはできない。
私が背負える責任は、自分一人分で精一杯だ。
だから私は、誰とも組んで仕事をしない。
私のミスで誰かが傷つくのを、何よりも恐れているから。