私は、親近感というものに凄く親近感を持っている。
大小はあるにせよ、日常のあらゆるところに、親近感は存在するのだ。
車のナンバーが自分の誕生日と一緒ってだけでも、ちょっとした親近感は沸く。
私からすれば、親近感こそが最も身近なものなのだ。