無理に幸せを願う必要なんてない。
というより、私は生きているだけで、十分に幸せだ。
私は、生まれた時からずっと、不幸のどん底を歩き続けてきたから。
あの日々に比べたら、どんな境遇だって、天国に思える。