越えられない死線に、何の価値があるというのか。
電池の入っていない懐中電灯と同じだ。
その先にあるはずの道を、照らしてはくれない。
だがそれでも、今はこの死線に、足を踏み出さねばなるまい。