この世の中には、然したるものがいくつか存在する。
必然、偶然、当然、そして自然。
世界は、当たり前のように偶発的な奇跡で満ち溢れている。
それはどんなところにも必ず存在し、自ら意志を持つかのように、人々に寄り添う。