俺は小さい頃から親父に憧れ、ずっと親父の背中を追いかけて来た。
親父のような立派な男になるため、俺はずっとこんな信念を胸に秘めている。
猛ること地震のごとく、轟くこと雷のごとく、熱きこと火事のごとく。
そして、勇敢なること、親父のごとし。