私の人生は、まさに文字通りのその日暮らしだ。
何せ一日しか寿命が持たない。
一日の終わりに、明日を生きるクローンの起動スイッチを入れる。
それが済めば、今日の私は、お役御免となるのだ。