彼は人一倍無口で、主人が相手でもそれは変わらない。
だが彼以上に優秀な参謀は、ここにはいない。
参謀ってのは、いつだって策を授けるのが仕事ではないということだ。
主人に迷いがないのなら、黙って見届けるのもまた、参謀の務め。