絶体絶命の状況と言えば、普通はピンチだと判断するだろう。
しかし私にとっては、これはピンチどころかチャンスだ。
たとえ体が朽ち果て命がなくなっても、魂だけの状態で存在できる。
その薬の効果を、ついに確認することができるから。