私たちは、人々を誘導する役割を担っている。
ただし、いつでも正しい道標を指し示すわけではない。
時には、わざと逆の方向へと導いて、罠にかけることもある。
私たちを見てどう判断するかは、各々の裁量に掛かっている。