鏡の向こうの私は、いついかなる時も寸分違わず私と同じ動きをする。
それが当たり前なのだけど、たまには違う動きをしてみたいと思わないのだろうか。
鏡を見るたびに私はそんなことを思い、バカなこと考えるなと自分に笑ってしまう。
そのとき、鏡の向こうの私も笑っているから、きっと同じことを考えているのだ。