普段から連絡を取り合い、困った時には有無を言わさず助けてくれる。
それが親友の定義だと、ある学者が言っていた。
その定義から行くと、僕には一人も親友がいないことになる。
困った時に助けてくれる人はいるが、連絡を取るのは年に一回程度だから。