随分とあっけない最終回を迎えたものだ。
壮大な伏線、禁断の愛、命がけの決戦など、散々盛り上がっていたのに。
それらを全てきっちり使いきった上で、あっけない結末だった。
まあ、現実味があるって意味では、これはこれで良いのかもしれない。